五三会ホームページ。クリックするとサイトトップページへ移動します ITSUMIKAI 「五三会」は、広島工業大学 建築・環境系学科同窓会です。
皆さんの参加によって成長していきます!近況・知らせたい情報・イベントなどどんどんお寄せください
 
詳しくはリンク先の情報をご覧下さい五三会栄誉賞に関する情報を募集しています 詳しくはリンク先の情報をご覧下さい五三会ホームページへ、アドレス登録のお願い 詳しくはリンク先の情報をご覧下さい五三会HP登録メアド・パスワード情報 変更・確認
HOME リンク サイトマップ 問い合わせ 
サイトホームページへ移動します五三会を詳しく紹介します。工大シティを覗いてください。出来るならば参加いただき、楽しんでいただければと思います広島以外に存在する五三会支部を紹介しています。皆様の近所でイベントがありましたらぜひご参加ください。毎年行う、五三会建築設計競技に関しての情報を掲載しています。五三会に在籍、もしくは広島工業大学オービーで全国規模・世界規模で活躍されている方々広島工業大学在学生を応援しています会報誌「ITSUMIKAI」のバックナンバーをPDFファイルで掲載しています
五三会事務局は、広島工業大学内菅原先生の研究室へ設置しています
HOME > 五三会について > 会長あいさつ

会長あいさつ

2022年度会長就任にあたり

五三会会長 尾立 道泰(1992年卒)

五三会会長 同窓生の皆様方におかれましてはそれぞれの職場で、また地域などでご活躍のこととお喜び申し上げます。
わたくし2022年4月の五三会総会にて、会長の役を仰せつかりました1992年卒の尾立道泰(おだてみちひろ)と申します。よろしくお願い申し上げます。

 ご承知のように、「五三会」(いつみかい)は、1973年8月広島工業大学工学部建築学科卒業生を母体として創設し、建築学科をはじめその後学部学科改組により設置された建築・環境系学科の卒業生、在学生によって構成する同窓会組織です。2022年3月の卒業生が第54期目となり、累計では一万一千四百人を数えるに至っています。来年3月には卒業第55期、8月には同窓会創設50周年を迎えます。
半世紀にも及ぶ母校の歴史の中で培われた同窓生の縦横のネットワークは、建設業界はもとより地域社会においても、仕事や諸活動の支えになってきたものと確信しています。今後ともこうしたつながりを大切に育てていきたいと考えます。

現在、私たちを取り巻く環境は、新型コロナウィルス感染症のまん延、紛争によるサプライチェーンの遅延による資材の高騰、世界では人口増、国内では人口減、国内外における経済格差の拡大、地球規模での温暖化の進展に伴う災害の増加など日々変化を続け、人類の叡智が確かめられようとしています。新しい生活様式の創造、DXの導入、ワークスタイルの変化など、急速に変化しています。
その中でも、私たち建設業界を取り巻く環境は、一級建築士をはじめ有資格者の超高齢化が問題になっております。特に一級建築士は、2019年のデータで、60歳以上が4割を超え、平均年齢が56.7歳となっています。このままのペースで行くと、2050年の日本の人口が2割減少するところを、一級建築士の約7割が減少する事態となり、明らかに有資格者が不足することが見込まれます。母校、広島工業大学は、環境学部建築デザイン学科及び工学部建築工学科を合わせて、毎年240名前後の建築系の卒業生を輩出しています。これは、中四国地方に本部を置く大学としては最大級であり、当会にも、在学生や若年卒業生へのサポートが求められており、その役割は益々重要となっています。
こうした中で、私たちは、素養を磨き、人間関係を拡げ、マネジメント能力を発揮する必要があるのではないでしょうか。仕事や家庭、地域社会においてもマネジメント感覚が必要とされ、選択と集中、役割分担とチームワークが求められています。これまでお世話になった諸先輩方に感謝しつつ、後輩諸氏にご活躍いただけるプラットフォームを提供し、ネットワークを維持強化していけるよう、微力ながらお役に立ちたいと考えています。同窓生の皆様方にもこうした価値観や活動にご賛同、ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

 当会の活動は、① 親睦という同窓会本来の活動に加え、ご承知のように ② 母校在学生への貢献、つまり建築設計競技の実施や建築見学会、業界研究会、学生とOBとの交流会の開催など在学生を支援する活動が充実していることを特徴としています。とりわけ学生時代の建築設計競技の登竜門となってきた「五三会建築設計競技」は、2021年で48回を数えました。
 一万一千四百人の卒業生は、国内はもとより世界の各分野において活躍されています。社会の中で、また同じ組織の中で、同窓生とのネットワークは今後益々大きな力と安心につながり、多くの先輩・後輩諸氏が目前の課題解決、あるいは未来の夢の実現への協力者となっていきます。当会もこうした期待に応えていけるよう、体制を強化し、活動を維持・充実させたいと考えます。当会を皆様の懇親・交流の場としてご活用ください。
 皆様方のご健勝とご活躍を心より祈念いたしまして着任のご挨拶とさせていただきます。

 2022年4月末


尾立道泰 1968年広島市西区生 (株)坂内建設 代表取締役 一級建築士、一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士、一級管工事施工管理技士、宅地建物取引士
2020年7月から 一般社団法人広島県建築士事務所協会青年部会 部会長